アニメーション専門学校の学科について

高校を卒業してから、または一度社会人を経験してから、アニメーション専門学校を選ぶ人はたくさんいます。
年齢の幅は広く、10代と30代が同じ教室で机に向かうシーンはしばしば見られます。

昔から大好きなアニメーションを仕事にしたくて、目指す夢を実現させるため、一度あきらめた夢にチャレンジするため、一生懸命に勉強や創作に取り組みます。
アニメーション専門学校の学科は各専門学校にもよりますので、自分が希望する職種に合わせて選びましょう。アニメーション専門学校ならいいだろうと、やみくもに選んではいけません。


主にアニメーション監督学科やアニメーター学科、アニメ音響学科、声優学科があります。

専門学校の中には、小説家や漫画家を目指せるところもあります。

アニメーション監督は、シナリオや絵コンテ(アニメの設計図)を作り、全体の演出やスタッフの指揮をとります。
アニメーターは、絵コンテを元に原画や動画を描きます。とても上手なパラパラまんがを描くような感じです。
またアニメ音響は、アニメのシーンにふさわしい効果音をつけたり、声優さんの録音作業を行います。声優はご存知の通り、出来上がったアニメーションの登場人物の声を担当し、「絵」だったものを生命あるものにします。
他にもアニメーションを制作するにあたり、予算を管理したり、宣伝業務を行ったりといったプロデューサーという仕事もありますので、ご自身でどんなことをしたいのかを明確にしてから入学を決めましょう。

多くの専門学校には体験入学がありますので、どういった雰囲気で、先輩方がどのように勉強されているかを実際に見ることができますのでぜひ参加しましょう。


ベビーシッターの登録の喜びの声を頂いています。

介護の専門学校情報が揃っています。

リハビリテーションの専門学校の情報もあります。

最先端のベビーシッターになるにはは無限の可能性に満ちあふれています。

今探すならこちらの新潟の合宿免許サイト利用者からとても評判です。